新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
日本の滝百選のひとつ!妙高市・杉野沢「苗名滝」を見に行こうとしたら…?

2017年の夏、妙高市の杉野沢にある「苗名滝(なえなたき)」がある場所に行ってきました( ^∀^)

「日本の滝百選」に数えられる苗名滝は、妙高市に訪れる観光客の方でも特に人気の高い観光スポットのひとつのようです。

この記事の目次

日本の滝百選にも選ばれた苗名滝

妙高市の杉野沢にある標識に従って道を進むと、川や木々のある向こうに、建物のような場所と広めの駐車場が見えてきます。

そこで車を停めて苗名滝まで迎えるほか、建物では休憩したりお茶したりできるようです(^^)

こちらの写真は、建物を越えて滝まで向かう道からの1枚です。

Cafe Grand・フィッシングガーデン・苗名滝苑を望む風景

道も舗装されていて、運動靴など動きやすい靴であれば問題ないほどかと思います。

苗名滝の側道-砂利や大きめの石で舗装されて整っている

奥まで進んでいくと、落差55mある玄武岩の崖から落ちていく水はなんとも豪快!

その豪快な水の落ち方が「地震」で地面が震えているように感じることから、地震を意味する「なゑ(なえ)」に別の字を当てて「苗名滝」になったのだと言われています。

(この説に関しては苗名滝の入り口の看板にも、その趣旨の説明がありました。)

その苗名滝には、この吊り橋を進んでいくことでたどり着けます。

関川1号砂防えん堤

………(^^;)

ところがですね。

関川1号砂防えん堤と吊り橋

私は実は「高所恐怖症」でしで、吊り橋を渡る前に怖くなって、引き返してきてしまいました(T_T)

残念…!

ちなみに、こちらは案内看板によると「関川1号砂防えん堤」というのだそう。

関川1号砂防えん堤の水の流れ

苗名滝まで到達するには、あとすこし必要だったようです。

帰り道の川は、大きな岩の間を水が豪快に流れていました(^^)b

苗名滝の下流の川の流れ

次の機会があれば、またチャレンジしてみようかな…。

ページの先頭へ戻る

アクセス:苗名滝

苗名滝までの地図はこちらです(^^)

曲がりくねった道などもありますので、周囲の標識に注意しながら行ってみてください。

ページの先頭へ戻る

メールマガジンで最新情報をゲット!

当サイトの更新情報は、メールマガジンでもお知らせしております。
「思い出のカレンダー制作」に関する情報もあわせてどうぞ。

メールアドレスを入力してください

この記事の感想をお寄せください

[日本の滝百選のひとつ!妙高市・杉野沢「苗名滝」を見に行こうとしたら…?]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

関連記事一覧:日本の滝百選のひとつ!妙高市・杉野沢「苗名滝」を見に行こうとしたら…?

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.