新潟県妙高市を拠点とする、ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
イマドキの20代には本当に「引きこもり」が多いのか!?【数字を読み取る】

先日、ニュースサイトに「20代の外出、70代下回る=スマホ普及、自宅で完結-6割が「引きこもり」自認」というタイトルの記事が掲載されていたのを見つけました。

この記事を見て考えたのが、

20代の人たちは本当に「引きこもり」なのかな!?

ということでした。

今回は、その件について少し考えてみたいと思います( ^∀^)

この記事の目次

アンケート結果の概要

1ヶ月の外出回数の平均値を、20代から70代まで10年区切りで集計したところ、20代(学生を除く)が月間平均[37.3回]で、70代の[40.8回]を下回って、世代別で最小の結果だったそうです。

ちなみに、最多は30代で[49.1回]とのことでした。

また、同じURLで紹介されていた別のアンケートでは、自分が「引きこもり」だと思う人の割合が、20代では[62.3%]にのぼり、30代でも[50.3%]に達したといいます(※「非常に思う」「まあ思う」の合計値)。

なるほど……。

最も外出回数が少ない20代の中で、引きこもりを自認するのが約6割。

30代は外出回数が最多ながら、引きこもりの自認は過半数です。

一方で、外出回数では20代と30代の間にある70代の方々では、引きこもりの自認率は[16.7%]だといいます。

んん……(^^;)

正直にいうと私はこのアンケート、少し「引っかかる」んです。

ページの先頭へ戻る

アンケート結果に対して感じる疑問点

私が、このアンケートに関して気になったのは、主に2つあります。

気になる点1:外出回数が、どの世代も多すぎる!

まず気になったのが、20代から70代までの方々の外出回数の平均値が、どれも1ヶ月の日数を超えているというものです。

1ヶ月は、多くとも「31日」です。

つまり、毎日1回外出したとしても「31回」となるはずです。

一方で、こちらのアンケートでは、外出回数が最も少ない20代でも「37回」なのです。

単純に計算すれば、37−31=6なので、少なくとも1ヶ月あたり6回以上は、出かけて、いったん帰宅して、再び出かけるという日が存在するということになります。

……どうですか?

みなさんは1ヶ月に最低6回以上、再び出かけるという事例はありますか(^^;)??

私の個人的な調査結果によると、約半数が「ほとんどない(週1回未満)」という結果でした。

私自身の体験談からしても、一旦帰宅して再び出かけるという事例は、ほとんどありません。

というより、むしろ、

「一旦帰宅して再び出かける日が毎月最低6回もあるなら、その時点で十分”引きこもりではない”と言えるのでは?」

とも思えるのです(^^;)

外出回数の計算方法について特に気になったのが、こちらの一文です。

外出の回数は通勤、買い物、外食、美容、運動、娯楽、教養、通院など18項目の頻度を尋ねて算出した。
(時事ドットコムニュース:20代の外出、70代下回る=スマホ普及、自宅で完結-6割が「引きこもり」自認 より)

正確な計算方法は見当たりませんでした。

それに、回答者の方々の答えた頻度が、すべて真実をもとにしていると仮定しましょう。

そうした場合、全世代で31回を超えている「平均外出回数」は、もしかしたら、1分野ずつの平均外出回数を単純に合計した数値という可能性はないでしょうか。

つまり、

「美容院に行って、買い物をして、外食をして帰ってきた」

という形式の外出が、本来ならば「1回」とカウントされるものを、このアンケートでは「3回」としてカウントされていないか、という疑問です。

気になる点2:引きこもりかどうかの基準が主観的

気になったポイントの2つ目は、「引きこもりかどうかの判断が、回答者の主観的な判断によるものである」というものです。

それは、下記の設問の選択肢からもうかがえます。

「1日中家の中で過ごせる方だ」に「非常に思う」とした回答は20代が35%、30代も33%だった。「自分はどちらかと言えば引きこもり」は、「まあ思う」を合わせると20代は62%に上り、30代も50%を超えた。
(時事ドットコムニュース:20代の外出、70代下回る=スマホ普及、自宅で完結-6割が「引きこもり」自認 より)

「自分は…」だとか、回答者の方の主観によって決められるものではないか、ということです。

例えば、平日は毎日外出していて、土日も少なくとも片方は外出しているにもかかわらず、週に1日まったく外出しない日があったとして、

「いやー、私なんて引きこもりですよ(^^;)」

と謙遜して言っている人もいるかも知れません。

一方で、在宅勤務などで外出する用事が例えば週に2〜3日という状況で、

「今月は結構外出しているな〜」

と考えている人もいる可能性はあります。

「引きこもり」という表現の是非は、ここでは議論を避けるとして、

「週に@日以下の外出という基準で、あなたはそれより多いですか?少ないですか?」

というなら、客観的な基準に基づく質問かも知れません。

でも、主観的な判断でよければ、仮に同じ外出頻度でも回答者の性格によってもバラつく可能性があるとも言えると思うのです。

ページの先頭へ戻る

このアンケートに質問を補うとしたら…?

こちらは、私の個人的な意見としてお考えください(^^;)

この質問、ほかに何があれば、より客観的と言えるのかを考えてみます。

追加アンケート1:外出時間

まずは「どれだけの時間、外出しているのか」がわかれば、アンケート結果もまた違ったものが見えてくるかも知れません。

例えば月間37回で最小という結果が出た20代の方々の外出回数も、もしかしたら1回あたりの外出時間が「数時間規模」の長いものだからという理由があれば、事情は変わってきます。

一方で、外出回数の多い他の世代の方でも、2回3回と外出する用事が、いずれも5分や10分という程度の時間かも知れません。

「外出時間の長さ」という新たな軸が見えてきたら、また別の捉え方ができるかと思います。

追加アンケート2:月間で「全く外出しない日」の数

次に知りたかったものは「1日中、どこにも外出しない日は月間で何日あるか」という指標です。

例えば月間あたり5日、家の外に全く出ないという日があったとします。

そうすれば、31日ある月なら、26回は外出しているという計算になります。

「引きこもり」という表現自体の議論は避けますが、外出しない日数が多いのか・少ないのか、それに関する客観性を高めてくれる指標にはなると思います。

ページの先頭へ戻る

まとめ:平均外出回数のアンケートについて

【1】月間の平均外出回数が、20代の[37.3回]でさえ最小という結果に違和感がある!

【2】最大で1ヶ月あたり31日なので、その日数を大幅に超える各世代の数値が、どんな計算方法によるものか分からない!

【3】「引きこもりかどうか」の判断が主観的なもので、明確な基準がない!

【4】上記のアンケート結果の他にも「外出時間」「全く外出しない日数」があれば、また別の見方ができた可能性あり!?

ページの先頭へ戻る

この記事の感想をお寄せください

[イマドキの20代には本当に「引きこもり」が多いのか!?【数字を読み取る】]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

いいね!と思っていただけたらSNSでシェアしてください♪

関連記事一覧:イマドキの20代には本当に「引きこもり」が多いのか!?【数字を読み取る】

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.

ページの先頭へ