新潟県妙高市を拠点とする、ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
誰もマネしたくない!?USBメモリに名前を付けて情報整理する方法

私は普段、複数のUSBメモリを使ってPCで作業することがあります。

皆さんもお仕事用USB、プライベート書類用USB、写真用USBなど、複数個のUSBメモリを利用する場面はありますか?

…え?ない(^^;)!?

今回は「USBメモリに名前をつけて情報を整理する方法」についてのご紹介です。

(※お仕事用や他人のUSBメモリを扱う場合は、セキュリティに最大限ご注意ください。持ち出し禁止のものを個人用PCに持ち込まないなど、それぞれのルールを守った上で利用しましょう!)

この記事の目次

用意するもの

USBメモリの情報を整理するために用意するものをご紹介します(⌒▽⌒)

まずは、フダに使う紙として使わない「しおり」があれば用意します。

用意するもの:使わないしおり

ほかの紙では、下記の無印良品さんの「メッセージカード」も個人的にはオススメです。

名刺の用紙でも良いかもしれませんが、紙の硬さや厚さはお好み次第です。

用意するもの:メッセージカード(または名刺の用紙)

次に、「穴あけパンチ」も用意しておきましょう。

しおり以外の場合で使います。

用意するもの:穴あけパンチ

そして「ハサミ」です。

用意するもの:ハサミ

さらに「ひもor丈夫な糸」です。

この記事を書く上で、荷物をまとめる用途などで使うビニールひもを使いましたが、実際には「たこ糸」などでも良いかもしれません。

要するに、切れなければOKです!

用意するもの:ひもor丈夫な糸

そして「セロハンテープ」も用意します。

用意するもの:セロハンテープ

ページの先頭へ戻る

手順:USBメモリの情報整理

続いて、USBメモリの情報を整理する手順をご紹介します。

[1]しおりorカードを適当な大きさに切る

まず、用意した紙(使わなくなったしおりorカード)を適当な大きさに切ります。

メッセージカードを適度な大きさに切る

お好みに応じて、もう少し細長く切ってもOKです!

[2]一辺にセロハンテープを貼ってパンチで穴を開ける

私の場合は「しおり」の紙に十分な強度がありましたが、メッセージカードのほうはセロハンテープを貼って、そのテープの上から穴あけパンチで1個だけ穴を開けました。

メッセージカードの一辺にセロハンテープを貼ってパンチで穴を開ける

そうすることで、穴を開けた場所が強度を増して、穴が広がったり紙が破れたりすることを防げます。

[3]フダに名前をつける

用途ごと、目的ごと、担当者ごとなど、それぞれのフダに名前をつけていきます。

フダに名前をつける

一つの用途で複数個使う可能性がある場合は、通し番号をつけておくと良いでしょう。

[4]フダとUSBメモリをひもor糸で結びつける

最後に、フダをUSBメモリと結びつけます。

ひもや糸でフダをUSBメモリに結びつける

ひもor糸の長さは、PCを使う状況に応じて適当な長さにしてください。

場合によっては、使わなくなった携帯ストラップを、ひもだけ使用するのもアリです。

ページの先頭へ戻る

以上が、複数個のUSBメモリを整理する方法のご紹介です。

皆さんのオススメの情報整理法があれば、お気軽に教えてください( ^∀^)

この記事の感想をお寄せください

[誰もマネしたくない!?USBメモリに名前を付けて情報整理する方法]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

いいね!と思っていただけたらSNSでシェアしてください♪

関連記事一覧:誰もマネしたくない!?USBメモリに名前を付けて情報整理する方法

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.

ページの先頭へ