新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

妙高Web屋

お仕事のご依頼お見積りのご依頼

OS&ソフト&アプリ操作方法

チラシ等の入稿データ作成手順〜ポスター等にも活用可能〜【Adobe Illustrator】

2019.4.15 2019.6.25

チラシ等の入稿データ作成手順〜ポスター等にも活用可能〜【Adobe Illustrator】
OS&ソフト&アプリ操作方法 0 0

こちらの記事は、このような方におすすめです。

・「チラシやポスターが完成したけれど、印刷業者さんにどうやって入稿したら良いか分からない」という方

妙高Web屋LINE@ 友だち追加

チラシやポスター、パンフレットなど紙の制作物のデザインにお客さんからOK(校了)をいただいたら、いよいよ印刷業者さんに入稿となります。

念のため制作側で文字校正などして問題なければ、印刷業者さんにお送りするデータ作成にとりかかることとなるかと思います。

今回の記事では、チラシなどの紙の制作物の入稿データ作成手順をご紹介します。

※こちらの記事でご紹介する内容は参考であり、全ての状況に当てはまるものとは限りません。

※入稿手順は制作物の形態やお客様からのご要望によって様々です。こちらでご紹介する入稿データ作成手順は、閲覧者の方の自己責任のもと行なってください。当サイトでは一切の責任を負わないものとさせていただきます。

この記事の目次

STEP01:入稿データ作成スタート

さっそく入稿データの作成をスタートします!

前提として、お客様から校了をいただき、制作者側で構成を行なった上で「修正なし」の状態になっているものとします。

こちらが「入稿データ作成スタート」の状態です。

入稿データ作成スタート

入稿データ作成の際は、制作を行っていたAiデータのコピーをとって行うことをお勧めします。

(※イラストレーターのパッケージ機能を使って、リンクファイルも紐づけておくと便利です。)

ページの先頭へ戻る

STEP02:不要なレイヤーやオブジェクトの整理&削除

まずは「不要なレイヤーの削除」を行います。

オブジェクトが1つも含まれていないレイヤーや、印刷に関係ないオブジェクトのみが含まれているレイヤー(アートボード外のオブジェクトだけのレイヤーなど)は、入稿データに含めずに削除します。

不要なレイヤー削除&ロック解除&非表示オブジェクト削除

次に「レイヤーやオブジェクトのロックの解除」をしておきます。

レイヤーパネルの「目のマーク」と「レイヤー名」の間に「鍵のマーク」が表示されている場合は、そのレイヤーのロックを解除しましょう。

また、メニューの[オブジェクト]-[すべてをロック解除]を選択するなどして、オブジェクト単位でロックを解除しておきましょう。

そして「非表示にしていたオブジェクトの削除」もしておきましょう。

校了時点のデザインに含めずに非表示にしていたオブジェクトは削除しますので、[オブジェクト]-[すべてを表示]を選択します。

非表示から表示に切り替わった瞬間はそれらのオブジェクトが選択された状態になっていますので、そのままDeleteキーを押すなどして削除します。

ページの先頭へ戻る

STEP03:未使用スウォッチの整理&削除

続いて、デザインに使用していないスウォッチも念のため削除します。

スウォッチパネルのメニューから[未使用項目を選択]を選択してください。

スウォッチの未使用項目を選択

そのアートボードでまったく使われなかったスウォッチは選択の状態になりますので、そのまま「ゴミ箱のマーク」のアイコンを押して削除します。

スウォッチの未使用項目を削除

スウォッチをほとんど使っていないアートボードは、これでスッキリするかと思います。

ページの先頭へ戻る

STEP04:ガイドの削除

次は「ガイドの削除」もしておきます。

ガイドはロックする・しないの状態を[表示]-[ガイド]の項目で切り替えられますので、その機能を活用してみます。

まず、ガイドをロックした状態で関連するオブジェクトを「いったん」非表示にします。

ガイドをロックした状態でオブジェクトをいったん非表示にする

すると、上記の写真のようにガイドの線のみが残るかと思います。

次に、ガイドのロックを解除してからガイドの上をマウスでなぞってガイドを選択するようにしてください。

そしてDeleteキーを押して、削除です。

非表示にしていたオブジェクトをそのあとに再表示させると、このように綺麗にガイドのみが削除された状態になっているかと思います。

ガイドを消したらオブジェクトを再表示

ページの先頭へ戻る

STEP05:すべてのレイヤーの結合

入稿データを作成するにあたって、レイヤーも結合しておきます。

レイヤーパネルのメニューに[すべてのレイヤーを結合]があります。

すべてのレイヤーを結合

こちらは、どのレイヤーを選択した状態でも実行できるかと思いますので、すべてのオブジェクトを1つのレイヤー内にまとめておきましょう。

ページの先頭へ戻る

STEP06:アウトラインの作成

次はアウトラインの作成です。

制作側の環境で使っていたフォントが印刷業者さんでも相違なく表示されるとは限りませんので、入稿データ作成時にアウトラインを取っておきます。

すべてのオブジェクトを選択した状態でメニューの[書式]-[アウトラインを作成]を選択すると、アウトラインが作成されます。

アウトラインを作成

これだけでも問題ありませんが、どうしても気になるという方はフォント検索もしておけば良いと思います。

念のためフォント検索してみる

もともとは[書式]-[フォント検索]でアートボード内にどのような種類のフォントが使われているかを調べるものですが、無事にアウトラインが取れている場合はフォントが何も見つからない状態になっているはずです。

ページの先頭へ戻る

STEP07:印刷業者さんの所定の形式でデータを保存して入稿へ

さて、校了をいただいたデータで上記のような作業をしたら、いよいよ印刷業者さんへデータをお送りします。

入稿の前に、あらかじめ印刷業者さんの指定のデータ形式を調べておくことが大切です。

Illustratorでリンクファイルも一緒にパッケージしてZip形式で入稿するのか。

PDFの「高品質印刷」の形式で保存して、見本PDFも一緒にZipで送るのか。

あるいはeps形式で入稿するのか。

入稿形式の確認を失念することで入稿日が遅れてしまうことが無いわけではありません。

デザインを進める頃には入稿の形式も確認して、スムーズに入稿できるようにしておきましょう。

ちなみにこちらは、PDF(高品質印刷)で保存して入稿する場合です。

印刷業者さんの所定の形式でデータを保存して入稿する

Aiファイルは送らない場合もありますが、例えば見本で最低画質のPDFを添えておくのも良いでしょう。

ページの先頭へ戻る

データの入稿形式は、こちらでご紹介した以外の手順が含まれる場合もあります。

この方法がすべての状況に当てはまるとは限りませんが、データを整理することで、意図したデザインがチラシの紙面や雑誌の所定の枠内に無事に表示されるよう、入稿データを作っておきたいものですね(^^)

こちらの記事に感想をお寄せください

こちらの記事をご覧いただき、感じたことなどありましたら下記のボタンを押していただき「感想投稿フォーム」よりお気軽にご感想をお寄せください。

この記事の感想を投稿する
妙高Web屋LINE@ 友だち追加
0 0

LINE@始めました!

妙高Web屋ではこのたび、LINE@(ラインアット)を始めることとなりました。

企業やお店のWeb担当者さまへ向けて、ホームページの運営・管理・更新に関する情報を発信していきます。

情報を購読できる「友だち」へのご登録は、下記のボタンよりお願いいたします。

関連する記事

目的のページは見つかりましたか?

お探しのページが見当たらない場合は、キーワードを手がかりに、サイト内検索をご利用ください。

または、下記のボタンより「サイトマップ」のページにアクセスしていただき、お探しください。

目的のページは見つかりましたか?
Twitterでシェアする Twitterでシェアする Facebookでシェアする Facebookでシェアする Feedlyで購読する Feedlyで購読する お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ