新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

妙高Web屋

お仕事のご依頼お見積りのご依頼

SNS

SNSのプロフィールに所在地を設定すると良い3つの理由【地域密着ビジネスの方へ】

2020.8.21 2020.8.22

SNSのプロフィールに所在地を設定すると良い3つの理由【地域密着ビジネスの方へ】
SNS 0 0

こちらの記事は、このような方におすすめです。

とくに地域密着のビジネスで「SNSのフォロワーさんを増やしたい」という方々

妙高Web屋LINE@ 友だち追加

こちらの記事と同じ内容をYouTubeの動画として閲覧可能です。

YouTubeでこの動画を見る

今回の記事のテーマは、

「SNSのプロフィールに事業所の所在地を入れた方が良い3つの理由」

です。

今回の記事をご覧いただくことで、

「SNSのプロフィールに事業所の所在地を設定する意味・効果」

が、お分かりいただけるかと思います。

この記事の目次

【1】SNSのプロフィールで事業所の所在地を設定する

まずは、所在地の設定に関して、少しお話をさせていただきます。

この動画をご覧の方々は、多くが自社・自店舗・あるいはご自身のSNSアカウントをお持ちという場合が多いかと思います。

皆さんは、そのSNSアカウントに

「所在地」

を設定されているでしょうか?

今回の動画は、

妙高Web屋
妙高Web屋

SNSのプロフィールで「所在地」を設定しておくのがオススメです!

というお話しです。

もちろん、

Aさん
Aさん

所在地は非公表だし、それでルール上なんの問題もないんだよなぁ〜。

というSNSアカウントをお持ちの場合もあるでしょう。

その点に関しては、自由にされて良いと思います。

ただ、

Bさん
Bさん

SNSアカウントで事業所の所在地って設定できるの?
知らなかった~!

という方や、

Cさん
Cさん

地元の街に密着したビジネスをやっていきたい!

という方にとっては、このあとのお話はお役に立てるかも知れません。

SNSのプロフィールでの所在地の設定方法は、それぞれご確認ください。

例えばTwitterならば、

「Twitter プロフィール 所在地の設定」

で検索していただくと、方法が紹介されているかと思います。

 

さて、SNSのプロフィールに所在地を設定していくわけですが、

企業やお店、団体のSNSアカウントと、個人の方のSNSアカウントでは、公表できる情報に違いがある場合

も考えられます。

基本形としては、企業やお店、そして団体のSNSアカウントに関しては、

「本社・本店・本部がある都道府県と市区町村をプロフィールに設定する」

のがオススメです。

そして、それ以外で公式ホームページへのリンクをプロフィールまたは固定の投稿の中に用意して、

「リンク先のページでは番地まで分かるようにしておく」

というのがオススメです。

 

一方で、個人でビジネスをされている場合。

様々なご事情で、

Dさん
Dさん

番地まで公表するなんて、できないよ!

とお考えの方も多いことと思います。

そういった場合は、もちろん無理に公表する必要はありません。

なので、個人でビジネスをされている場合は「市区町村名まで」で十分だと思います。

あるいは、

Eさん
Eさん

市区町村名すら公表するのが怖い!

という場合は、都道府県名あるいは「北信越在住」のような文言のみでも良いと思います。

ページの先頭へ戻る

さて、プロフィールに所在地を設定する方法や詳細度についてお話ししましたが、なぜプロフィールを設定すると良いのでしょうか?

その理由については、次のパートから順に説明させていただきます。

【2】SNSのプロフィールに所在地を設定する方が良い理由

ここからは、

「SNSのプロフィールに所在地を設定する方が良い3つの理由」

を順にご紹介します。

皆さんのSNS運営のお役に立てれば幸いです。

理由1:所在地だけを理由に地元アカウントからのフォローが増えるから

SNSのプロフィールに所在地を設定する方が良い理由。

1つ目は、

「所在地だけを理由に地元アカウントからのフォローが増えるから」

です。

一部の主要SNSでは、事業所のアカウントか個人のアカウントかを問わず、同じ都道府県内または同じ市区町村内を所在地とするアカウントから、フォローしてくださる場合は多いと感じています。

こちらからフォローすると、フォローを返してくださる。

そういった場合はもちろんとして、中には、

「所在地をハッキリさせているだけで、向こうからフォローしてくださる」

という事例もあります。

こういった、地元の方々からのフォローは本当に励みになります。

ありがとうございます。

特に、地域密着のビジネスをやりたいという方にとっては、応援してくださる方が増えていくようで、とても心強く感じるでしょう。

そして、その後のアカウントの運用次第では、本当にあなたを応援してくださる存在に、なってくださるかも知れません。

また、特にTwitterでは「Twitter会」というものがあります。

プロフィールや、ツイートの本文に、例えば新潟なら

「#新潟Twitter会」

のようなハッシュタグをつけて、企業のアカウントの「中の人」が進行を深めたりしているようです。

皆さんも、お住まいの都道府県のハッシュタグをつけて

「仲良くしてください」

と投稿してみたら、それだけでフォロワーさんが増えるかも知れません。

そして、

「え、あの有名企業さんのアカウントも、SNSでフォロワーさんと交流しているの!?」

といった、新しい発見もあるかも知れません。

理由2:見込み客の方々にとっての安心感になるから

SNSのプロフィールに所在地を設定する方が良い理由。

2つ目は、

「見込み客の方々にとっての安心感になるから」

です。

そもそもSNSなど、インターネット上の関係構築には、多少なり「不安」が伴うのは事実です。

Fさん
Fさん

フォローしてくれたことは嬉しいけれど、このアカウントの中の人は、どんな人なんだろう…?

それが分からない世界なので、不安に思ってしまうのは自然なものと言えるでしょう。

そこで!

あなたの事業所の所在地が、あなたSNSのプロフィールに書かれていると、

Gさん
Gさん

私たちの近い街に住んでいるんだな〜。

と近隣にお住まいの方々に思っていただける効果も期待できます。

あるいは、

Hさん
Hさん

こうやって所在地を明かしてくれているっていうことは、実態のあるビジネスなのかな?

と思ってもらえる効果も期待できるでしょう。

理由3:オフラインのイベントに誘われやすくなるから

SNSのプロフィールに所在地を設定する方が良い理由。

3つ目は、

「オフラインのイベントに誘われやすくなるから」

です。

Iさん
Iさん

はぁ?
SNSだって言ってるのに、オフラインの話!?

と思われるかも知れません。

こちらは「余裕があれば」で結構なのですが、地味に効果がある方法ですので、ご紹介します。

 

SNSで事業所の所在地を公表すると、あくまでフォロワーさんとの関係次第ではありますが、オフラインのイベントに声をかけていただける場合もあるんです。

そうしたイベントに参加することで人脈が増えたり。

知見が広がったり。

中にはビジネスにつながる場合もあるかも知れません。

私自身、SNSで知り合った方からプライベートで食事に誘っていただいたりしたこともあります。

また、お仕事に関するイベントの案内があったので、応募させていただき、そこから新しい繋がりができたりもしました。

くれぐれも、

Jさん
Jさん

1人でも多くの人脈をオフラインで!

という考えになることは、必ずしもお勧めはしません。

最初のうちは

Kさん
Kさん

時間に余裕があるから、行ってみようかな(^^)

くらいの考えでも問題ないと思います。

ただ、オフラインで顔を合わせる機会を一度もてば、親交が深まりやすいのではないでしょうか?

そして、その後のSNSでの関係づくりも、更なるフォロワーさんの拡大も、進みやすくなる場合もあります。

「どうしても恥ずかしいから無理!」

とおっしゃるならば無理強いはしませんが、あくまで一案としてご検討いただければと思います。

ページの先頭へ戻る

【Facebookページ更新中】ページへの「いいね!」を押して最新情報をGET!

【Facebookページ更新中】「いいね!」お願いいたします!

【YouTube更新中】チャンネル登録お願いいたします!

こちらの記事に感想をお寄せください

こちらの記事をご覧いただき、感じたことなどありましたら下記のボタンを押していただき「感想投稿フォーム」よりお気軽にご感想をお寄せください。

この記事の感想を投稿する
妙高Web屋LINE@ 友だち追加
0 0

YouTubeチャンネル更新中!

妙高Web屋ではこのたび、YouTubeチャンネルを開設いたしました。

企業やお店のWeb担当者さまへ向けて、ホームページの運営・管理・更新に関する情報を動画形式で発信していきます。

チャンネル登録は、下記のボタンよりお願いいたします。

目的のページは見つかりましたか?

お探しのページが見当たらない場合は、キーワードを手がかりに、サイト内検索をご利用ください。

または、下記のボタンより「サイトマップ」のページにアクセスしていただき、お探しください。

目的のページは見つかりましたか?
Twitterでシェアする Twitterでシェアする Facebookでシェアする Facebookでシェアする Feedlyで購読する Feedlyで購読する お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ