新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

妙高Web屋

お仕事のご依頼お見積りのご依頼

SNS

【SNS】フォロワーが増えないとお悩みの方へ!まずは100名まで増やすアイデアをご紹介

2020.7.28 2020.8.13

【SNS】フォロワーが増えないとお悩みの方へ!まずは100名まで増やすアイデアをご紹介
SNS 0 0

こちらの記事は、このような方におすすめです。

■SNSを始めたばかりの方
「SNSを運営しているけれど、思うようにフォロワーが伸びない」とお悩みの方
※フォロワーさんが10名程度のアカウントの方から、おおむね100名くらいまで伸ばすアイデアをお話しさせていただきます。

妙高Web屋LINE@ 友だち追加

こんにちは!

いつも妙高Web屋のホームページ をご覧いただき、ありがとうございます。

今日のテーマは、

「SNSのフォロワーさんを増やす手順・方法を、目的別に解説する(めやす100件程度まで)」

です。

今回の記事をご覧いただく上で、スタートの状態は、

「SNSのアカウントを開設したけれど、フォロワーさんの増やし方が分からない」

という状態です。

そして、今回の記事のゴールは、

「フォロワーさんを増やすための考え方が分かる」

「フォロワーさんの増やし方のアイデアが分かる」

という状態です。

今や、個人でも、企業やお店でも当たり前のように使われているSNSですが、フォロワーさんが増えないというお悩みは、多くの方々がお持ちのようです。

そこで今回は、フォロワーさんを増やしたい目的ごとに、お勧めのフォロワーUPアイデアをご紹介していきます。

この記事の目次

まず「何のためにフォロワーを増やすのか」を考える

まず、フォロワーさんを増やしたいと思っている方々に共通して考えていただきたいことがあります。

何かというのが「フォロワーさんを増やす目的」です。

つまり、

「何のためにフォロワーさんが増えて欲しいのかを考える」

ということです。

例えば、

フォロワーさんの数を増やしてアピール材料にしたいとか。

SNSを通じてお友達が欲しい、だとか。

あるいはビジネス仲間が欲しい、とか。

または、見込み客の方をフォロワーさんとして取り込みたいとか。

だいたい、そういった方々が多いでしょうか。

ほかにも

「SNSのフォロワーさんを増やす目的、私は僕は、こういうのがあるよ!」

という方は、この記事の感想欄を開放しますので、お返事いただければありがたいです。

ページの先頭へ戻る

目的別「フォロワーを増やすアイデア」のご紹介

次は、目的別にフォロワーさんを増やすアイデアをご紹介していきます。

大前提として、みなさんに知っていただきたいことがあるんです。

それがこちら。

「そもそもフォロワーさんは、簡単には増えません!」

あるいは、簡単に増やしたいなら、少なくとも妙高Web屋のホームページを見ている場合ではないです。

この記事をご覧いただいている皆さんが、全国区の有名人ならばまだ別ですが、そうでない場合、フォロワーさんを増やすために

・時間をかける

・お金をかける

・すでにフォロワーさんの多い周囲の方々に協力していただく

などの方法が必要です。

でも逆に、フォローしてくださる方々に配慮しつつ、時間をかけていけば、フォロワーさんが増えていく可能性は十分あります!

さて、ここで「フォロワーさんを増やしたい目的」ごとに、フォロワーさんを増やす方法のアイデアをご紹介していきたいと思います。

[目的01]数を増やしてアピール材料にしたい場合

まずは「数を増やしてアピール材料にしたい」という場合のご説明です。

フォロワーさんの数をアピールのひとつにされる方もいらっしゃいますし、アピールすること自体は、悪ではありません。

ただし、もちろんですが、それぞれのSNSのルールを守りながら、そしてフォロワーさんたちに不快な思いをさせない範囲でのアピールとされることをお勧めします。

アピール材料にしたい場合のフォロワーさんUPのアイデアとしては、

「興味があるアカウントをフォローしてみる」

というところから始めてみてはいかがでしょうか。

興味があるアカウントをフォローしてみる

例えば、いつも見ている新聞社さんが、速報を発信する目的でTwitterアカウントもお持ちかもしれません。

フォローしてみましょう。

あるいは、毎週のように利用しているカフェやレストランの方がInstagramのアカウントをお持ちかもしれません。

フォローしてみましょう。

そういったアカウントをフォローしていくことで、同じアカウントをフォローしている一般のユーザーの方々があなたをフォローし返してくれるようになるかもしれません。

また、あなたが有名なアカウントや規模の大きいアカウントをフォローすることで、ごく稀なケースではありますがフォローを返してくださる場合もあります。

もじもじしながら動かないでいるより、行動してみてはいかがでしょうか?

[目的02]友達を増やしたい場合&ビジネス仲間を増やしたい場合

次に、友達を増やしたい場合とビジネス仲間を増やしたい場合について。

こちらは、あなたの趣味や興味のあること、あるいはビジネスの場合はあなたの専門分野。

そういったものをカギに、

「あなたと近そうなアカウントを探して、毎日少しずつフォロー」

をしていかれてはどうでしょうか?

あなたと近そうなアカウントを探して毎日少しずつフォローしていく

コツコツとフォローをすることで、全員とは限りませんがフォローを返してくださるかもしれません。

そうすると、あなたと、フォローを返してくださった方とが「相互フォロー」の関係になりますよね?

そういった関係ができた上で、共通の趣味や専門分野に関する投稿をして、フォロワーさんがいいねをしてくださったら、嬉しくなりそうです。

あと、SNSの種類にもよりますが、皆さんがSNSのタイムラインと呼ばれる画面を見ているときに、

「誰々さんがいいね!と言っています」

と表示されているのを見たことがありませんか?

この投稿は、あなたがフォローしている方が「いいね」を押した投稿が、あなたにも表示されている状態なのです。

つまり、

「投稿にいいねがつくと、直接関わりがなかった【友達の友達】にまで投稿が伝わる」

という可能性があるんです、一部のSNSにおいては。

視点を変えて、あなたの投稿で考えてみましょうか。

あなたが何か投稿して、それをあなたのフォロワーさんが「いいね」してくださった場合。

状況にもよるので必ずしも全てではありませんが、その投稿は、あなたの「フォロワーさんのフォロワーさん」にも表示されている可能性があります。

そして、あなたにとっての「フォロワーさんのフォロワーさん」が、あなたの投稿にいいねをしてくれた場合。

それは、何かしらの興味を持ってくださった可能性がありますので、問題なさそうだったら、あなたの方から、その方もフォローしてみても良いかもしれません。

そうすることで「フォロワーさんのフォロワーさん」だった方があなたのことをフォローしてくれる。

それを繰り返していけば、フォローしてくださる方々の範囲は徐々に広がっていきそうです。

あと、時間の許す限りではありますが、

「フォロワーさんが開催しているオフラインのイベントにも参加してみる」

というのも有効です。

私も以前に、例えばSNSのフォロワーさんから紹介してくださったオフラインのイベントに参加させていただいたこともありました。

イベントの内容も様々で、お仕事に関するイベントももちろんありますけど、趣味に関するイベントも中にはありました。

そして、そのイベントを機にビジネス仲間のコミュニティのようなものに誘っていただいたりもしましたし、そちらをきっかけに、さらにSNSのフォロワーさんが増えたという結果にもなりました。

皆さんも、SNSの運営だとか、ご家族との時間、そして場合によっては本業に支障のない範囲で、オフラインのイベントも検討されてみると、新しい発見があるかもしれません。

[目的03]見込み客の方を増やしたい場合

そして、見込み客の方を増やしたい場合のアイデアについてです。

こちらは、

「SNS広告を活用する」

などいかがでしょうか。

Facebookページの場合「ページへのいいね」を増やすための広告を出すこともできますし、Twitterでもフォロワーさんを増やすための広告というのを出すこともできます。

あと、お知り合いの方をもれなくフォローして、逆にこちらもフォローしていただくという方法もあるかと思います。

Facebookの個人アカウントでは「お友達申請」に相当しますね。

ただ、これはあくまで、

「お知り合いの方々との元々の関係に影響しないように」

という点に気をつけてください。

あと、他のSNSと少しタイプが異なるのが、

「Facebookページに対するいいねのリクエスト」

です。

こちらのフォロワーというか、ページへのいいねを増やす場合は、ご自身のFacebookのお友達の方々の中で、

「この方には諸事情でどうしても送れない」

というお相手を除いて、みなさんにリクエストを送るのもアイデアだと思います。

ここまで、よろしいでしょうか?

「自分はフォロワーさんを増やすために、こういう努力をしているよ」

とか、あとは逆に、

「こういうことを【しない・していない】からフォロワーさん増えたよ」

というご経験ある方、よろしければ感想欄から実体験を送っていいただければ嬉しいです!

ページの先頭へ戻る

増やす努力と並行で情報発信も忘れずに

はい、ほかにも大切なポイントがありまして、それが、

「あなたからの情報発信も忘れずに」

という点です。

なぜかというと、フォロワーさんがあなたをフォローしてくださるのは、ほぼ全ての場合で、理由が存在しているからです。

「趣味が似ていると思ったから」

「ビジネス領域が、割と近いと思ったから」

あるいは逆に

「ビジネスの得意分野をお互いに補えると思ったから」

そして

「楽しみや喜びを提供してくれそうだから」

あとは

「悪い人じゃなさそうだから」

みたいな理由かもしれません。

そういったフォロワーさんに対して、あなたが何も情報を発信しないでいると、

「だんだん、フォロワーさんが離れていく」

という現象が発生する場合があります、全員とは限りませんけどね。

せっかくフォロワーしてくださった方がいたとしても、

「この人、フォローしてくれたからフォロー返したけど、何も呟かないし、つまんないからフォローはずしちゃお」

とか、

「このアカウント、もしかして人じゃなくてプログラムでつぶやくアカウントなのかな?中の人がいないならフォローしていても意味がないかな…」

という理由でフォローを外す方というのはSNSでは日常的ですし、特に珍しいものではありません。

でも!

でも、ですよね。

「フォロワーさんに対して、毎日有益な情報なんて投稿できない!」

そういう方も多いんです。

私だってそうです。

フォロワーさんに対して「こういう情報が有益かな?」と思って投稿を始めても、私なら多分、5日目くらいで挫折します。

だからですね。

「有益な情報」を毎日投稿できるならそれでOKですが、ムリという方は、

「フォロワーさんに共感してもらえそうな、あるあるネタ」

「楽しんでもらえそうな情報」

そういったものを発信してみてはどうでしょうか。

例えば!

私の場合、Twitterでたまに「Web屋あるある」というツイートを投稿することがあるんです。

どんな内容かというと、

「WordPressのサイト制作で、フォルダ名の【wp】を取って公開するとき、慣れているつもりでも緊張する」

という内容です。

おそらくですけど、一般社会のほとんどの方々にとって、

「はぁ!?」

っていう内容だと思うんです。

でも、WordPressでホームページ制作をした経験をお持ちの方からすると、

「あぁ、あのタイミングね」

とイメージできる方々もいらっしゃると思うんです。

あと、私のSNSにはサッカーが好きなフォロワーさん達が相当数いらっしゃるんですが、そういった方々に向けて、

「今シーズン、この選手のユニフォームをゲットしました!」

「これを着て応援できる日が楽しみです!」

という内容を投稿するとか。

1個の投稿でフォロワーさん全員に働きかけることは無理だと思います。

でも、

「この投稿は、フォロワーさんの中でもこういう層の方に伝えよう」

「こっちは、こういう方々に楽しんでもらえそうかな」

という大まかな意図を持って投稿してみると、誰かが「いいね」などで反応してくれるかも知れません。

ページの先頭へ戻る

プロフィールも工夫する

そして、プロフィールの工夫についてもお話しします。

あなたのSNSアカウントのプロフィールを工夫すること、ただそれだけでフォロワーさんが増える可能性というのも、一概にゼロとまでは言えないんです。

なぜかと言うのを、少しご説明します。

SNSにも様々な種類があるんですが、どのSNSにも、

「あるアカウントが、別のあるアカウントをフォローする」という過程は似ている部分があるんです。

それが、こちらのような流れです。

「アカウント発見(タイムライン・おすすめ等)」
 ↓
「アカウントのアイコンをクリック」
 ↓
「プロフィールを見る」
 ↓
「気に入ったらフォロー」

SNSのおすすめ一覧の場合は、簡易的なプロフィールを見るだけでフォローできる場合もあるんですが、おおむねこの流れというのは、主要SNSにおいて、ある程度は似通っていると思います。

つまりですね!

この流れを、逆算してみましょう。

「SNSのアカウントをフォローしていただくには、プロフィールを見て、気に入っていただく事が必要!」

なんです。

とはいえ、人によって「気に入る」という状態は異なります。

どうやったら、気に入っていただけるのでしょうか?

結論から言いますと、

「万人受けはムリだと考える」

ということが重要です。

私自身、こうすれば完璧というSNSのプロフィールの書き方というのは分かりません。

ときどき少しずつ変えながら、反応を見るというのを繰り返しています。

でも!

皆さんにお尋ねします。

「この記事をご覧のあなただったら、SNSのプロフィールがどんなものだとイヤだと感じますか?」

こういう考え方をしてみましょう。

つまり、あなただったら、SNSのプロフィールに何が書かれているとイヤなのか。

それを考えて、リストアップした上で、

「自分がされてイヤと感じることを、自分もやらない」

という考え方を大切にしてみましょう。

例えばですが、SNSのプロフィールにこういう表現ばかりだとイヤ、というものを考えてみました。

「不明確な表現(主語と述語がバラバラの文など)」

「攻撃的な発言(罵声や強烈な批判、あるいはお前呼ばわりなど)」

「内輪受けのギャグ(学校やサークルでしか伝わらない冗談など)」

などなど、これはプロフィールの文だけでなくて、アイコンやカバー写真も同様です。

皆さんも、このような内容に気をつけて、SNSのプロフィールを編集してみてはいかがでしょうか?

SNSの世界にも、いろいろな考え方を持った方々がいます。

そのすべての方々と仲良くするというのは現実的にとても難しいです。

なので、

「自分がされてイヤな事は、相手に対しても控える」

「それに注意したら、あとは、それぞれの方との相性しだい!」

というくらいの心構えがいいと思いますし、この記事をご覧になっているあなたにとっても、気が楽だと思います。

ページの先頭へ戻る

ここまでお話しした内容を踏まえつつSNSアカウントを運営していれば、皆さんと仲良くしてくれる方々はきっと現れます。

この記事を見てくださった方々にとってのSNSアカウントの活用が、より素晴らしいものになる事を願っています。

こちらの記事と同じ内容をYouTubeの動画として閲覧可能です。

YouTubeでこの動画を見る

【Facebookページ更新中】ページへの「いいね!」を押して最新情報をGET!

【Facebookページ更新中】「いいね!」お願いいたします!

【YouTube更新中】チャンネル登録お願いいたします!

こちらの記事に感想をお寄せください

こちらの記事をご覧いただき、感じたことなどありましたら下記のボタンを押していただき「感想投稿フォーム」よりお気軽にご感想をお寄せください。

この記事の感想を投稿する

お仕事のご依頼はお気軽にどうぞ

妙高Web屋にお仕事をご依頼の方・ご検討中の方は、下記のボタンから「お仕事のご依頼フォーム」にてお気軽にお問い合わせください。

お仕事を依頼する
妙高Web屋LINE@ 友だち追加
0 0

目的のページは見つかりましたか?

お探しのページが見当たらない場合は、キーワードを手がかりに、サイト内検索をご利用ください。

または、下記のボタンより「サイトマップ」のページにアクセスしていただき、お探しください。

目的のページは見つかりましたか?
Twitterでシェアする Twitterでシェアする Facebookでシェアする Facebookでシェアする Feedlyで購読する Feedlyで購読する お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ