新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
【Speed Update】検索結果の順位決定要素に「モバイルページ読み込み速度」を採用予定【Google検索】

2018年1月18日に「Googleウェブマスター向け公式ブログ」において、モバイル検索でも「ページの読み込み速度」が検索順位を決める要素に採用されるという旨の発表がありました。

ついにスマートフォンサイトなどモバイル向けのホームページでも、ページの表示速度が検索順位を決める要素として含まれつつあるようです( ̄▽ ̄)

この記事の目次

「ページ読み込み速度」のモバイル検索ランキング要素への採用は2018年7月予定

これまでも、ページの読み込み速度は検索順位を決めるうえでの要素の一つとされてきました。

でも、それはPCのようなデスクトップ端末の検索での話。

2018年7月に予定されている「Speed Update」と呼ばれるアップデートではモバイル検索でも「ページ読み込み速度」を検索ランキング要素に採用するという趣旨のものだそうです。

記事が公開されてから、およそ半年後のアップデート。

サイト管理者の方々の中には、自身が管理・担当しているホームページの「モバイル端末でのページ読み込み速度」に著しく遅いものがないかどうかを再度チェックされる方が出てくることも予想されます。

ページの先頭へ戻る

当面は「特に遅いサイトの順位低下」のみ!?

ただし、2018年7月に実施予定とされる「Speed Update」は、当該記事を読む限りでは、ランキングの大激変は起こらないと思われます。

根拠となる一文がこちらです。

この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。
(Googleウェブマスター向け公式ブログ[ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します]より)

また、ユーザーの検索意図が重要な要素であるため検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くとも上位表示されたままである可能性にも触れられていました。

この文面を読む限りでは、2018年7月の「Speed Update」が行われた直後は、ページの読み込み速度が遅いという状態での原点は「わずか」と考えらるでしょう。

それよりも、当面はユーザーの検索意図を意識したコンテンツを作り込んでいくことが求められそうです。

ただし!

いつまでも「ページの読み込み速度は意識しなくて良い」と考えるのも、いかがかと私は思います(^^;)

このたびの「Speed Update」が導入されるということは、モバイルユーザーのページ読み込み速度を意識したホームページ制作の重要度が増しているとも考えられそうです。

少なくとも、Googleはそのように考えているのではないか、と。

よって、特別な表示速度の改善策を必ずしも意識するかは別として、例えばWordPressによるサイトであれば、

「ページの表示に一切関係のないコードの出力は避ける」

など、細かいことを意識しておいても損はないと私は思います(^-^)

ページの先頭へ戻る

参考記事:ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します(2018年1月18日)

ページの先頭へ戻る

メールマガジンで最新情報をゲット!

当サイトの更新情報は、メールマガジンでもお知らせしております。
「思い出のカレンダー制作」に関する情報もあわせてどうぞ。

メールアドレスを入力してください

この記事の感想をお寄せください

[【Speed Update】検索結果の順位決定要素に「モバイルページ読み込み速度」を採用予定【Google検索】]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

関連記事一覧:【Speed Update】検索結果の順位決定要素に「モバイルページ読み込み速度」を採用予定【Google検索】

シリーズ「妙高Web屋のホントは公表したくないホームページ制作」です。 前回の記事で、「勝負したいキーワードを、関連キーワードも含めてニーズを調査する方法 …… 続きを読む

先日「パンダアップデートとは?」という記事を公開しました。 「低品質なコンテンツばっかりだと検索順位を下げられて損しちゃいますから注意してくださいね(^^ …… 続きを読む

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.