新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
ホームページ無料制作の前に!目的を整理して考えたい1つのポイント

こんにちは、いつも「妙高Web屋」のサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

こちらのページをご覧になった方の中には、

「情報を広く公開したいけれど、お金はかけたくない!」

とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から申し上げて、ホームページを無料で作ることは(一応)可能です!

でも、ちょっと待ってください。

そもそも「ある1点」をご検討いただければ、「無料」という条件を叶えつつ、Webでの情報発信を行うことが可能です!

今回の記事では、そちらの点についてお話しさせていただきます(^^)

この記事の目次

けっこう多い!ホームページを「無料で作る」というニーズ

私も時々ご相談をお受けすることがあるのですが、「無料でホームページを作りたい」というご要望はけっこう多いのです。

「手軽にホームページを持ちたいから、広告が入っても良いので無料で作りたい」

「今までのホームページは有料だったけれど、サーバー契約がそろそろ満期になるので、これを機に無料のサービスを利用したい」

「上司に言われて、無料でホームページを作る方法を探している」

などでしょうか。

ページの先頭へ戻る

「ホームページを無料で作る」の前に、まず「何を公開したいか」を整理する!

「ホームページを無料で制作すること。」

必ずしも全てとは言いませんが、それに関して、私は反対意見は特にありません。

ただし!

その前に、皆さんの中でご検討いただきたいことが1つだけあるのです。

それが、

「どのような情報を公開するか」

です。

例えば、ホームページを公開できる環境を用意しても、公開したい情報・発信したい情報が、

「140字未満の短文を、1日に何度か投稿したい」

というものであったり、あるいは、

「友達とつながって、彼らとの交流や近況報告の投稿に、いいねやコメントをつけ合えれば良い」

というものであった場合、(ホームページで果たしたかった目的が)既存のサービスで実現できてしまう可能性があるのです。

したがって、まず「公開したい情報」を整理していただき、それでも「ホームページでという手段で発信したい」とおっしゃるのであれば、そのときはじめて「ホームページを無料で制作する」という方法へと進んでいくことをお勧めしています。

ページの先頭へ戻る

整理して「それでも無料でホームページを作る」となった場合のポイント

まずは、ホームページを有料で制作する場合と、無料で制作する場合を比較してみます。

有料のホームページの場合は、カスタマイズの自由度の高さが長所の一つです。

有料でホームページを作れる場所を用意できたとして、基本的に「ゼロ」の状態から作り始めることが可能です。

独自のデザインでホームページを作りたい場合には向いているでしょう。

一方で、有料プランはサービスに応じた「費用」を支払う必要があるものです。

「なるべくお金を払いたくない」

という場合には、有料でのホームページ制作はあまり向かない場合もあるでしょう。

その点を補うように、無料のホームページ制作サービスはその名の通り、無料機能の範囲で利用する限りでは「費用」がかからないという点があります。

さらに、無料ホームページ制作サービスには、詳細な手順を示した「管理画面」というものが用意されている場合が多く、そちらの指示に従うだけで基本機能はおおむね利用できます。

ただし、機能に一部制約が設けられている場合もあり、複雑な機能が実現できない場合もあります。

そして、無料サービスの場合はホームページの一部に広告が自動的に挿入されてしまう場合があるのも注意点です。

「ホームページと関係ない広告は載せたくないなぁ…」

という場合は、無料での制作は慎重に検討された方が良いかもしれません。

また、どんなサービスにも「サービスそのものの終了」という日が訪れる可能性があります。

そのような中で、無料ホームページ制作サービスはアップしたデータの保存を必ずしも保証しているとは限らないものもあります。

「無料ホームページ制作サービスを@月@日で終了します。他のサービスへデータ移行を希望される方は、このようにしてください」

と示してくださる場合もありますが、そうでない場合も存在します。

その場合、他のサービスへ移行することができず、無料ホームページ制作サービス自体の終了に伴って、制作したホームページを閉鎖しなくてはならないという可能性もあるのです。

こちらでは、下記の2つの場合について、ホームページを無料で制作する方法について述べていきたいと思います。

【1】プライベートの目的でホームページを無料で作る場合

【2】お仕事に関する目的でホームページを無料で作る場合

[パターン1]プライベートの目的でホームページを無料で作る場合

まずは「所属サークルの活動報告」「仲間内での情報共有」など、プライベートの目的で、無料でホームページをお作りになりたいとお考えの場合です。

こちらに当てはまる方は、お声をうかがった限りでは、

「広告が入っても問題ない」

「公開できれば良いので、数年後にサービスが終了してしまっても仕方ない」

とおっしゃる方が多いようでした。

こちらの場合に関しては、

「ホームページに予算をあまり(orまったく)割けない」

「公開するという事が大切で、デザイン性やカスタマイズの自由度はこだわらない」

という場合も多いようです。

そうした場合は、関係者の方々の間で合意・納得ができているのであれば、無料でのホームページ制作でも問題ないかと思います。

そうそう。

先ほど「仲間内での情報共有」と述べましたが、ホームページは世界中から見る事ができうるものです。

個人情報の掲載は、くれぐれもご注意ください。

[パターン2]お仕事に関する目的でホームページを無料で作る場合

お仕事に関するホームページを無料でお作りになる場合、

「ひと月あたり@万円がホームページの維持管理費となっている、なんとか無料にできないだろうか?」

とお悩みであったり、

「無料でホームページを作る方法がないか探して欲しい」

と指示を受け、実際にお探しになっている方もいらっしゃるかと思います。

先ほど上記で、

「無料ホームページ制作サービスは、サービス自体が終了したらホームページも閉鎖となる」

とお伝えしました。

企業サイトなど、お客様との信頼関係を大切にされる場合は、やはり有料でのホームページ制作サービスのご利用をお勧めします。

「どうしても、できる限り費用を抑えたい!」

とお考えの場合は、最低限必要なサーバーの機能(ホームページを作る、メールを送受信するなど)を整理された上で、その機能を実現できるうちの最安値のサーバーを選ぶという手法はいかがでしょうか。

先ほど「有料サービスは自由度も高い」と述べましたが、それは「データのアップロード&ダウンロードのしやすさ」とも関係があります。

サーバーには「FTP(エフ・ティー・ピー)」と呼ばれる機能が用意されているものが多いので、その機能を使えば万が一サービス終了となっても、データを退避して新たなサーバーで活用することも可能となります。

安価でも結構ですので、サービスを提供してくださるサーバー会社さんに「対価」を支払われた方が、長期的にお得であると私は考えます。

ページの先頭へ戻る

【まとめ】ホームページ無料制作の前に考えたいこと

「ホームページを無料で作りたい!」

とお考えになった場合、まずは「どんな情報を公開したいか」を整理してみてください。

そのうえで、それらがSNSや動画投稿サイトでも実現可能な場合は、それぞれのサービスをご利用になることも1つのアイデアです。

一方、公開したい情報を整理された上で「それでもホームページで」となる場合は、新規制作とリニューアルとで、ご希望を満たせるサービスを選ぶと良いでしょう。

また、お仕事で情報発信をされるホームページをご検討の場合は、無料でのホームページ制作は基本的にお勧めしておりません。

お仕事でご利用のホームページは、長期的に考えた際に、お金を払って制作されることをお勧めします。

ページの先頭へ戻る

メールマガジンで最新情報をゲット!

当サイトの更新情報は、メールマガジンでもお知らせしております。
「思い出のカレンダー制作」に関する情報もあわせてどうぞ。

メールアドレスを入力してください

この記事の感想をお寄せください

[ホームページ無料制作の前に!目的を整理して考えたい1つのポイント]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

関連記事一覧:ホームページ無料制作の前に!目的を整理して考えたい1つのポイント

ホームページのコーディングをしている皆さんは、要素を中央寄せにしたい場合は、どんなコードを書かれていますか? 例えばテキストを画面の、あるいはエリアの中央 …… 続きを読む

ホームページ制作をしていると、フォームの項目の一つで「チェックボックス」というものを扱う機会はあるかと思います。 また、チェックボックスを含むフォーム関連 …… 続きを読む

ホームページ制作において、デザイン修正は様々な場面で発生することがあります。 文言を変更したい場合や、要素の並びを部分的に入れ替えたい場合など、状況に応じ …… 続きを読む

皆さんは、ホームページのデザインを、どのページから始めるのが良いか、お考えになったことはありますか? もちろん、すべての場合に当てはまる正解などありません …… 続きを読む

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.