新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

妙高Web屋

お仕事のご依頼お見積りのご依頼

Web制作

【Webデザイン】トップページから作るか?下層ページから作るか?【ホントは公表したくないホームページ制作】

2018.2.11 2019.1.15

【Webデザイン】トップページから作るか?下層ページから作るか?【ホントは公表したくないホームページ制作】
Web制作 0 0
妙高Web屋LINE@ 友だち追加

皆さんは、ホームページのデザインを、どのページから始めるのが良いか、お考えになったことはありますか?

もちろん、すべての場合に当てはまる正解などありません。

依頼者様からご注文・ご要望のあったページが納期までに公開されていれば問題ないとは思いますが、それでも、効率的に作れるならばその方法を考える意味はあると思います。

そこで今回は、あくまで考え方の一つとして「ホームページのデザインはどのページから進めるのが効率的か」について述べてみたいと思います。

この記事の目次

トップページと下層ページのデザインの差が軽微なものなら、トップページのデザインからでOK!

一般的に、トップページと下層ページのデザインに、あまり大きな差がないホームページも多々あります。

「大きな差がない」にも色々あるかと思いますが、この記事では、

「コーディング的に、トップページの一部要素を取るだけで下層ページのテンプレートとして応用できる程度」

という定義にさせていただきましょうか(^-^)

例えば、トップページのメインビジュアルのスライド画像部分を取れば、それで下層ページのテンプレートになるといった場合です。

そのようなタイプのホームページであれば、まずトップページからデザインを始めても良いと私は思います。

ページの先頭へ戻る

依頼者様の内部でのご確認・ご検討の重要度に大差がないなら、トップページのデザインからでOK!

次に、依頼者様からの視点で考えてみます。

「このホームページで、提出したデザインを依頼者様の内部にてご検討いただく上で、どのページに最も多くの時間を使われるだろうか??」

つまり、

「このページができました、ご確認ください」

「ハイどうも!少し待っててくださいね」

その、依頼者様のシンキングタイムで最も多くを要するページはどれかな、という観点です。

その観点のもとで、最も長く時間をかけていただくであろうページから、先にデザインしてお渡ししてしまうのも手段の一つだと思います。

依頼者様のシンキングタイムを考えた上で、

「トップページが一番長いだろう」

「どのページも大差がないのではないか」

という場合は、もちろんトップページから初めてOKだと思います。

ページの先頭へ戻る

トップページと下層ページのデザインが大きく異なる場合は、トップ&下層1ページの同時並行がオススメ!

続いては、トップページと下層ページのデザインが大きく異なる場合です。

先ほどのように「スライド画像部分を取るだけ」のような差ではなく、色も違えばメニューボタンの配置も違う、とにかくトップページと下層ページで色々違う、という場合です。

その場合は、可能であれば少々多めに制作時間をいただいた上で、「トップページと、代表的な下層ページ1種類」を同時並行で制作して同時に見ていただくこともアリだと思います。

ページの先頭へ戻る

「情報」が売りのホームページの場合は、情報ページからデザインするのがオススメ!

最後には、トップページ以外からデザインを始める方が効率的な可能性がある場合についてご紹介します。

それがホームページの売りが「1個1個の情報」にある場合です!

例えば「ニュースサイト」です。

ニュースサイトのトップページをブックマークして日々ご覧になっている方も多いとは思います。

一方で、個々のニュースサイトは、Yahoo!のような大手ポータルサイトからリンクで閲覧することもできますし、その場合はニュースサイトのトップページからではなく、個別のニュース記事のページからアクセスするはずです。

そのような場合は、トップページよりも先にニュースの個別ページのデザインから進めた方が良い場合もあります。

先ほどの例で言うなら「個別のニュース記事のページが、依頼者様にとって最もシンキングタイムが多く必要である」ということになるでしょうか。

同じように、求人検索サイトでは「求人詳細ページ」のデザインが優先される場合もあるでしょう。

「@@社の求人!月給@@@円以上可!年間休日120日!」みたいなページですね( ^∀^)

また例えば不動産検索サイトでは「不動産詳細ページ」でしょうか。

「妙高市の@@駅から徒歩10分以内!駐車場あり!無線LANあり!家賃@万円台!」のような、ここの物件を紹介するページです。

「情報」を売りにしているホームページの場合は、特に注目度の高いページがトップページより多くのアクセスを集める場合が珍しくありません。

何れにしても「このホームページで、ご利用社様にもっとも多く注目されるページはどれだろう?」と考えて、そのページから制作するという形を取るのがお勧めです(⌒▽⌒)

ページの先頭へ戻る

こちらの記事に感想をお寄せください

こちらの記事をご覧いただき、感じたことなどありましたら下記のボタンを押していただき「感想投稿フォーム」よりお気軽にご感想をお寄せください。

この記事の感想を投稿する
妙高Web屋LINE@ 友だち追加
0 0

LINE@始めました!

妙高Web屋ではこのたび、LINE@(ラインアット)を始めることとなりました。

企業やお店のWeb担当者さまへ向けて、ホームページの運営・管理・更新に関する情報を発信していきます。

情報を購読できる「友だち」へのご登録は、下記のボタンよりお願いいたします。

目的のページは見つかりましたか?

お探しのページが見当たらない場合は、キーワードを手がかりに、サイト内検索をご利用ください。

または、下記のボタンより「サイトマップ」のページにアクセスしていただき、お探しください。

目的のページは見つかりましたか?
Twitterでシェアする Twitterでシェアする Facebookでシェアする Facebookでシェアする Feedlyで購読する Feedlyで購読する お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ