新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

妙高Web屋

お仕事のご依頼お見積りのご依頼

Webの保守管理

限られた予算の中でWeb担当者が計画的にお仕事を進めるアイデア

2019.5.20 2019.5.5

限られた予算の中でWeb担当者が計画的にお仕事を進めるアイデア
Webの保守管理 0 0
妙高Web屋LINE@ 友だち追加

職業がら、Web担当者さんからのお悩みをいただくことが多くありますが、それらの中で、このようなご相談も時々いただきます。

「予算が少ない!」

前提として、私は他社様のご事情に何かを申し上げるつもりは一切ございません。

ただ、お金の面でお困りの方がいらっしゃるのも事実だと思います。

そこで今回は、いったん切り口を変えて、

「限られた予算の中で計画的にお仕事を進める方法」

について述べさせていただきたいと思います。

この記事の目次

あらかじめ「依頼料金表」を作成しておくことがおすすめ!

予算の決め方にも色々あるかと思いますが、例えば、

「来年度は、アレとアレとアレをやって、合計25万円だから、じゃあ予備費を含めると言うことで年間30万円でどうだろう?」

という形式で決まる場合もあれば、

「年間でWeb部門に40万円使えるから、その範囲内で自由にやってください。」

のような場合もあることでしょう。

いずれにせよ「予算の上限は年間で決まっていて、年度途中で変更できない」ものと仮定します。

そういった状況下でおすすめしたいのが、「依頼料金表の作成」です!

年間予算から費用を捻出するということは、基本的には社外の方に何かを依頼することが想定されます。

そこで、計画を立てずに「アレもコレも」と外注ばかりになってしまうと早々に予算が尽きる可能性もあり得ます。

ただその一方で、ほとんど何も頼まなければ出費も少なくなるものの、社内スタッフが忙しくなることになるでしょう。

そのような両極端な状況を避けるために用意しておきたいのが、社外の方に依頼する際の価格帯を整理した「依頼料金表」の作成です。

「ホームページの記事更新を社外に依頼すると、1回につき■千円」

「ネットショップの商品管理代行が年間で■万円~■万円」

といったように、大まかでも価格帯を把握しておくことで、出費に優先順位をつけられたり、あるいは出費を抑えすぎたりといった状況を防いで、決められた予算内で計画的にお仕事を進めることができるかと思います。

ページの先頭へ戻る

ホームページの制作や更新においても、「予算」を意識して行なっていかなくてはなりません。

特に金額がWeb担当者さんの想定よりも少なかった場合は、計画的な運用が求められます。

ホームページで自社・自店舗として何をしていきたいか、そして、それぞれ実践するためにどれほどのコストがかかるのか。

それらの現実とも向き合いながら、効果的にホームページを活用していけると良いですね。

こちらの記事に感想をお寄せください

こちらの記事をご覧いただき、感じたことなどありましたら下記のボタンを押していただき「感想投稿フォーム」よりお気軽にご感想をお寄せください。

この記事の感想を投稿する
妙高Web屋LINE@ 友だち追加
0 0

LINE@始めました!

妙高Web屋ではこのたび、LINE@(ラインアット)を始めることとなりました。

企業やお店のWeb担当者さまへ向けて、ホームページの運営・管理・更新に関する情報を発信していきます。

情報を購読できる「友だち」へのご登録は、下記のボタンよりお願いいたします。

目的のページは見つかりましたか?

お探しのページが見当たらない場合は、キーワードを手がかりに、サイト内検索をご利用ください。

または、下記のボタンより「サイトマップ」のページにアクセスしていただき、お探しください。

目的のページは見つかりましたか?
Twitterでシェアする Twitterでシェアする Facebookでシェアする Facebookでシェアする Feedlyで購読する Feedlyで購読する お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ