新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
カスタム投稿タイプのターム名を[single-XX.php]に表示する方法【WordPress】

WordPressでホームページを制作するとき、「カスタム投稿タイプ」の仕組みを利用することがあります。

デフォルトの状態のWordPressにカスタム投稿タイプを1種類、追加したとします。

そのカスタム投稿タイプの個々の記事を分類する「カテゴリ」に相当するものが「カスタムタクソノミー」だとして。

そのカスタムタクソノミーにどんな値が含まれているかを示すもの、例えば「お知らせ」「業務実績」などの値のことを「ターム」といいます。

今回の記事は、「WordPressのカスタム投稿タイプの個別投稿ページで、その投稿が属するターム名を表示する方法」をご紹介します。

この記事の目次

【結論】WordPressのカスタム投稿タイプの個別投稿ページで、ターム名を表示する方法

結論としまして、カスタム投稿タイプの個別投稿ページでのターム名の表示方法はこちらです。

<?php $terms = get_the_terms($post->ID,'cpt-taxonomy'); ?>
<?php if($terms) { ?>
<?php foreach( $terms as $term ) {echo $term->name;} ?>
<?php } ?>

ページの先頭へ戻る

[概要]ターム名表示の処理について

まずこの1行で、その個別投稿記事が属するタームの情報を取得しています。

<?php $terms = get_the_terms($post->ID,'cpt-taxonomy'); ?>

タームは1個かもしれませんし、複数個かもしれません、その記事を公開するとき、何に属するものかを指定した際の状況によります。

大まかに「このIDの記事にどんなタームが指定されているか」というニュアンスで捉えるのが良いでしょうか。

なので、属するタームがゼロという可能性もあります。

属しているタームがゼロでない場合は、こちらの処理が行われます。

<?php if($terms) { ?>
<?php foreach( $terms as $term ) {echo $term->name;} ?>
<?php } ?>

下記の処理に絞ってみてみると、

「タームの情報がある限り、順に1個ずつ表示」

の形式でターム名が表示されていくかと思います。

<?php foreach( $terms as $term ) {echo $term->name;} ?>

ページの先頭へ戻る

参考ページ

今回の記事の作成にあたり、こちらの記事を参考にさせていただきました。

大変ありがとうございました、この場にて御礼申し上げますm(__)m

ページの先頭へ戻る

メールマガジンで最新情報をゲット!

当サイトの更新情報は、メールマガジンでもお知らせしております。
「思い出のカレンダー制作」に関する情報もあわせてどうぞ。

メールアドレスを入力してください

この記事の感想をお寄せください

[カスタム投稿タイプのターム名を[single-XX.php]に表示する方法【WordPress】]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

関連記事一覧:カスタム投稿タイプのターム名を[single-XX.php]に表示する方法【WordPress】

WordPressでホームページを制作していて、投稿やカスタム投稿タイプの記事に「前の記事へ・次の記事へ」のリンクを表示させたい場合があります。 それだけ …… 続きを読む

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.