新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

妙高Web屋

お仕事のご依頼お見積りのご依頼

WordPress

アーカイブページのタイトル接頭語「カテゴリー:」「タグ:」のカスタマイズ【WordPress】

2019.3.11 2019.3.4

アーカイブページのタイトル接頭語「カテゴリー:」「タグ:」のカスタマイズ【WordPress】
WordPress 0 0

こちらの記事は、このような方におすすめです。

・WordPressのカテゴリーアーカイブやタグアーカイブのタイトルをカスタマイズしたい方

妙高Web屋LINE@ 友だち追加

今回の記事は、アーカイブページの「カテゴリー:」や「タグ:」をカスタマイズする方法についてです。

先日、当サイトで別のパターンをご紹介する機会がありました。

今回ご紹介するのは、それとは少し異なるパターンです。

この記事の目次

【結論】アーカイブページの「カテゴリー:」や「タグ:」をカスタマイズする方法

まずは結論から。

下記のコードを[functions.php]に追記してみてください(もちろんバックアップを取った上で、です)。

add_filter('get_the_archive_title', function ($title) {
if (is_category()) {
$title = single_cat_title('', false);
} elseif (is_tag()) {
$title = single_tag_title('', false);
}
return $title;
});

こちらの記述は、関数[get_the_archive_title()]の処理を拡張していることになります。

ページの先頭へ戻る

[比較]関数[get_the_archive_title()]の内部を編集する場合と比べたメリット

先日の記事でご紹介した方法は、[general-template.php]から[get_the_archive_title()]という関数を探して「Category: 」や「Tag: 」の文言を消すというものでした。

こちらでも確かに日本語版で「カテゴリー:」や「タグ:」という文言が表示されなくなるはずです。

ただ、編集するファイルが[general-template.php]という、[theme]フォルダ以外にあるファイルであることで、フォルダ構造をしっかり把握した上でないと万が一のミスの際にWordPressのシステム自体に影響が出てしまう可能性があります。

一方で、今回ご紹介した方法は、編集したファイルは使用するテーマフォルダ内の[functions.php]であり、作業も特定のテーマフォルダ内で完結します。

関数を拡張して、その拡張した部分の編集が[functions.php]内で済むことを考えれば、メンテナンス性の高さで言えば、今回ご紹介する方法を個人的にはお勧めしたいと思います。

ページの先頭へ戻る

参考サイト

今回の記事を作成するにあたり、下記のページを参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

こちらの記事に感想をお寄せください

こちらの記事をご覧いただき、感じたことなどありましたら下記のボタンを押していただき「感想投稿フォーム」よりお気軽にご感想をお寄せください。

この記事の感想を投稿する
妙高Web屋LINE@ 友だち追加
0 0

LINE@始めました!

妙高Web屋ではこのたび、LINE@(ラインアット)を始めることとなりました。

企業やお店のWeb担当者さまへ向けて、ホームページの運営・管理・更新に関する情報を発信していきます。

情報を購読できる「友だち」へのご登録は、下記のボタンよりお願いいたします。

目的のページは見つかりましたか?

お探しのページが見当たらない場合は、キーワードを手がかりに、サイト内検索をご利用ください。

または、下記のボタンより「サイトマップ」のページにアクセスしていただき、お探しください。

目的のページは見つかりましたか?
Twitterでシェアする Twitterでシェアする Facebookでシェアする Facebookでシェアする Feedlyで購読する Feedlyで購読する お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ