新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

妙高Web屋

お仕事のご依頼お見積りのご依頼

WordPress

get_the_category関数でカテゴリー関連情報を取得する方法【WordPress】

2019.2.21

get_the_category関数でカテゴリー関連情報を取得する方法【WordPress】
WordPress 0 0

こちらの記事は、このような方におすすめです。

・WordPressのカテゴリー名やスラッグなど、複数の情報をまとめて取得したいという方

WordPressでホームページ制作をする際に、多くの場面で「カテゴリー」の扱い方を意識する機会があります。

PHPのテンプレートを編集して作業したい場合には、

「ここに、投稿が属するカテゴリーの名称を表示して、ここのaタグにはそのカテゴリーのリンクを表示させて…」

と、様々なカテゴリー関連の情報が必要になることもあるでしょう。

個々の解決方法はインターネット上にたくさん紹介されていますし、それらの情報を参考に解決されることもあると思いますが、

「1回の処理で、カテゴリーに関係する複数の情報を取得したい!」

という場合には、[get_the_category()]という関数で対応してはいかがでしょうか?

この記事の目次

【結論】get_the_category関数でカテゴリー関連情報を取得する方法

結論としまして、投稿が属するカテゴリーの「名称」と「スラッグ」の値を取得するコードはこちらです。

$category = get_the_category();
$cat_name = $category[0]->name;
$cat_slug = $category[0]->slug;

上記の場合であれば、カテゴリー名を表示させたい場所に[$cat_name]を、スラッグを表示させたい場所(おもにaタグのhref属性のあたりでしょうか)に[$cat_slug]を、それぞれ頭にechoを付けたうえで設定してみましょう。

ページの先頭へ戻る

[詳細]ほかにもゲットできる!カテゴリー関連情報

多く使われる傾向にあるのはスラッグやカテゴリー名かと思いますが、状況に応じて、そのカテゴリーのほかの情報が必要になることもあります。

そのような場合には、下記のコードから必要な部分をピックアップしてみてください。

$category = get_the_category();
$cat_name = $category[0]->name; // カテゴリー名
$cat_slug = $category[0]->slug; // スラッグ
$cat_id = $category[0]->term_id; // カテゴリーID
$cat_dsc = $category[0]->description; // カテゴリーの説明
$cat_cnt = $category[0]->count; // カテゴリーに属する投稿の件数
$cat_prnt = $category[0]->category_parent; // 親カテゴリーID(存在しない場合は0)

ページの先頭へ戻る

参考サイト

今回の記事を作成するにあたり、こちらのページを参考にさせていただきました。

ありがとうございました!

ページの先頭へ戻る

こちらの記事に感想をお寄せください

こちらの記事をご覧いただき、感じたことなどありましたら下記のボタンを押していただき「感想投稿フォーム」よりお気軽にご感想をお寄せください。

この記事の感想を投稿する
0 0

LINE@始めました!

妙高Web屋ではこのたび、LINE@(ラインアット)を始めることとなりました。

企業やお店のWeb担当者さまへ向けて、ホームページの運営・管理・更新に関する情報を発信していきます。

情報を購読できる「友だち」へのご登録は、下記のボタンよりお願いいたします。

目的のページは見つかりましたか?

お探しのページが見当たらない場合は、キーワードを手がかりに、サイト内検索をご利用ください。

または、下記のボタンより「サイトマップ」のページにアクセスしていただき、お探しください。

目的のページは見つかりましたか?
Twitterでシェアする Twitterでシェアする Facebookでシェアする Facebookでシェアする Feedlyで購読する Feedlyで購読する お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ