新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
WordPressのURLをルートディレクトリに移動して[wp]を消す方法【妙高Web屋のホントは公表したくないホームページ制作】

WordPressでホームページを制作したことのある方なら「ワードププレスのディレクトリ問題」に直面された方もいらっしゃるかと思います。

WordPressをインストールしたディレクトリを仮に[wp]とすると、そこから生成されるホームページのトップページのURLは、

[https://ドメイン名/wp/]

のような形式になるかと思います。

今回のテーマは、サイトのURLから[wp]を取る方法についてのご説明です(^^)

【ご注意】
この記事でご紹介する内容は、すべてのサーバー環境に当てはまるものとは限りません。
特にパーミッションに関しては、サーバーごとに必須や推奨の設定が設けられている場合もありますので、じゅうぶんなご確認のうえ、自己責任にて作業をお願いいたします。

WordPressの[設定]-[一般]の[サイトアドレス (URL)]をルートに上げる方法

今回実現させたいのは、上記の写真のようにして、URLからWordPressのインストールディレクトリを削除する方法です。

理由があってインストールディレクトリをURLに含めたままにするなら問題ありませんが、取ってしまいたいという場合も多いもの(^^;)

その削除手順を順にご説明します。

この記事の目次

手順1:ルートディレクトリに別ファイルがある場合は削除しておく

ルートディレクトリというのは、ここではトップページに該当するディレクトリのことを指します。

ルートディレクトリにある[index.html]や[index.php]といったファイルが、トップページとして表示されます。

一時休止中だったホームページを再開する前には、

「準備中です」
「休止しています」

のようなページを表示させていたり、既存のホームページを稼働させながらリニューアルの準備をWordPressで制作していたりという場合もあるかと思います。

新しいホームページが「完成」となって、いよいよ公開というタイミングで、まずはトップページに該当する既存のファイルがある場合、それらを削除しておくという作業が必要です。

FTPソフトを起動して、トップページに該当するファイルを削除してください。

これによって、一時的にトップページが使用できなくなりますし、場合によっては全ページに影響するかもしれません。

なので、事前に手順を確認した上で、最小限の時間で作業できるように準備しておきましょう。

データのバックアップが必要な場合は、事前にすべて完了させておいてください。

ページの先頭へ戻る

手順2:ルートディレクトリに[.htacces]がある場合はパーミッションを確認する

次に、ルートディレクトリの中身を見てみましょう。

[.htaccess]というファイルがありますか?

FTPソフトでは、ファイル名が[.(ドット)]で始まるファイルは、初期状態で表示していない場合もあります。

その場合は、FTPソフトの表示メニューで「不可視ファイルを表示」のような項目があるはずですので、そちらをオンにしたうえで確認しましょう。

そのうえで。

[.htaccess]のパーミッションは、いくつになっていますか?

「777」や「755」など、状況に応じて3桁の数値が表示されているかと思います。

あとの工程で必要になる場合もありますので、そちらもチェックしておいてください。

ページの先頭へ戻る

手順3:WordPress管理画面へログインする

ここでいったん、WordPressの管理画面にログインします。

作業をスムーズに済ませたい場合は、[手順1]の前にログインしておいても良いでしょう。

ページの先頭へ戻る

手順4:管理画面内の「サイトアドレス」の[wp]を取る

WordPressの管理画面にログインすると、左側のメニュー一覧の中に「設定」という項目があるのがわかります。

そこをクリックするか、マウスでカーソルを合わせると、サブメニューが表示されます。

その中の「一般」を選ぶと、ホームページ全般に関する設定項目が表示されます。

その中に「サイトアドレス(URL)」という項目があります。

WordPressを[wp]のディレクトリにインストールしたっきり何もしていないのであれば、ここには、

[https://ドメイン名/wp/]

という形式のURLが表示されているはずです。

このサイトアドレスの[wp/]部分を削除して「保存」ボタンを押してください。

【ご注意】
消すのはあくまで「サイトアドレス(URL)」のほうです。
「WordPress アドレス(URL)」のほうの[wp]を消してしまうと、管理画面の表示がおかしくなってしまい、簡単には元に戻せない場合があります。

ページの先頭へ戻る

手順5:FTPで[wp]ディレクトリ内から[index.php]と[.htacces]をダウンロードする

さて、WordPressの設定画面で[wp]を消したら、続いてはFTPソフトを使って整合性をとる作業を進めます。

[wp]のディレクトリ内に[index.php]と[.htacces]というファイルがあるかと思います。

[index.php]は、テーマファイルの[index.php]ではありません。

[wp]にも[index.php]というファイルがあるはずですので、そちらをダウンロードします。

[.htacces]も、ルートディレクトリのものではなく、[wp]ディレクトリ内の[.htacces]をダウンロードします。

FTPソフトで[wp]ディレクトリ内の2つのファイルを選択して、ドラッグ&ドロップでもダウンロードできるかと思います(^^)

あっ!

場合によっては[.htacces]がWordPressのインストールディレクトリに存在しない事例もあるのだとか。

その場合は[index.php]だけのダウンロードでOKです!

ページの先頭へ戻る

手順6:ダウンロードした[index.php]を編集する

さて、[手順5]でダウンロードした2つのファイル。

こちらをルートディレクトリで使うわけですが、その前に[index.php]の方だけ少し編集します。

ダウンロードしてきた[index.php]の内部に、このような記述箇所があるかと思います。

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require('./wp-blog-header.php');

見当たらない場合は、ファイル内検索で[wp-blog-header]などと指定して検索してみてください(^^)

そちらの[require … なんとか]の部分を、下記のように変更します。

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require('./wp/wp-blog-header.php');

つまり[wp-blog-header.php]が入っているインストールディレクトリ[wp]を、ファイル名の前に追加する作業です。

なぜ、このような変更をするか。

その理由は、[index.php]の置き場所が1階層上のディレクトリに変更されるからです。

こちらの画像をごらんください。

フォルダ変更に伴い[index.php]内のファイル読込みの記述を変更する意味

従来は[index.php]と[wp-blog-header.php]とは、同階層にありました。

だから[wp-blog-header.php]を呼び出す処理も下記のように、

「(同階層の)[wp-blog-header.php]を呼び出します」

という記述でOKでした。

require('./wp-blog-header.php');

でも、WordPressのインストールディレクトリをホームページのURLから取る作業を行う上で、[index.php]の置き場所を1階層上に変更しなければならないことになります。

よって、[wp-blog-header.php]の呼び出し方も、

「[wp]というフォルダ内にある[wp-blog-header.php]を呼び出します」

という記述に変更しなければなりません。

そのため、このようにファイル名の前に[/wp]を追加することが必要になるのです。

require('./wp/wp-blog-header.php');

さて、ここまでの作業を終えたら、文字に誤りはないか、全角半角の違いはないかなど、念のためチェックしておいてください。

ページの先頭へ戻る

手順7:ルートディレクトリに移動し[index.php]や[.htacces]をアップロードする

[wp]から、WordPressのインストールディレクトリ用の[index.php]や[.htacces]をダウンロードしてきて。

上記の手順での作業を終えて。

問題ないとなったら、ルートディレクトリに移動して、[index.php]や[.htacces]をアップロードする作業になります。

上記の手順を踏まえていれば、[index.php]は単純にアップロードすれば良いだけのはずです。

一方で[.htacces]に関しては、ルートディレクトリにすでに存在していて、WordPress以外にもファイル内に記述が存在する場合は、ファイルを開いて、WordPressに関係する記述のみ追加するという方法が良いでしょう。

念のため、既存の[.htacces]の記述は、どこかにバックアップを取っておくことをお勧めします。

ページの先頭へ戻る

無事にURLからWordPressのインストールディレクトリは取れているか!?

上記の手順を終えて、WordPressのインストールディレクトリを取った状態の

[https://ドメイン名/wp/]

の形式のURLでトップページが表示されていて、なおかつ下層ページ(トップ以外のページ)の表示や機能にも問題がない場合は「成功」です!

作業は以上で終了となります。

ただ!!

もしも、

「画面が真っ白」

「英語のエラーメッセージが表示されている」

などあれば、どこかで意図しない動きをしている可能性があります。

「入力した内容は問題ないか、全角文字がまぎれたり、誤字脱字はないか」

「フォルダ構成的に問題ないか」

などを確かめてください。

また、これはサーバーにもよりますのでなんとも言えませんが、[.htaccess]のパーミッションはサーバーでの推奨の設定かなども確認してみてください。

ページの先頭へ戻る

今回のお話は以上で終了です。

WordPressのインストールディレクトリが[wordpress]や[core]などの名称だった場合は、上記の[wp]という文言をそれぞれに置き換えてごらんください。

URLがスッキリすると、それだけで短縮になりますし、名刺に載せやすくなったり、周囲の方々にも覚えていただきやすくなったりしますからね〜( ^∀^)

この記事の感想をお寄せください

[WordPressのURLをルートディレクトリに移動して[wp]を消す方法【妙高Web屋のホントは公表したくないホームページ制作】]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

関連記事一覧:WordPressのURLをルートディレクトリに移動して[wp]を消す方法【妙高Web屋のホントは公表したくないホームページ制作】

WordPressでホームページを制作していて、投稿やカスタム投稿タイプの記事に「前の記事へ・次の記事へ」のリンクを表示させたい場合があります。 それだけ …… 続きを読む

WordPressでホームページを制作するとき、「カスタム投稿タイプ」の仕組みを利用することがあります。 デフォルトの状態のWordPressにカスタム投 …… 続きを読む

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.