新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
カスタム投稿タイプの新着一覧を表示する方法【WordPress】

WordPressでホームページ制作をしている中で、

「投稿とは違うタイプの記事の新着一覧を表示したい!」

という場合があります。

そのような場合によく利用されるのが「カスタム投稿タイプ」な訳ですが、今回は「カスタム投稿タイプの新着一覧を表示する方法」についてお話ししたいと思います。

この記事の目次

【結論】カスタム投稿タイプの記事の新着一覧を表示する方法

結論としまして、カスタム投稿タイプの新着記事を一覧表示する方法はこちらです。

新着表示件数を[5]で、カスタム投稿タイプのスラッグを[custom-post-name]としました、ここはご自由に変更してください。

<?php $posts = get_posts('post_type=custom-post-name&posts_per_page=5'); ?>
<?php if (!empty($posts)): ?>
<ul class="className">
<?php foreach ($posts as $post):setup_postdata($post); ?>
<li><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
<?php wp_reset_postdata(); ?>
</ul>
<?php endif; ?>

ページの先頭へ戻る

【結論:応用】複数のカスタム投稿タイプの新着一覧を表示する方法

応用で、こちらは複数のカスタム投稿タイプの新着記事を一覧表示する方法をご紹介します。

カスタム投稿タイプのスラッグは[custom-post-name01]と[custom-post-name02]としました。

<?php $args = array('post_type' => array('custom-post-name01', 'custom-post-name02'), 'posts_per_page' => 5); ?>
<?php $posts = get_posts($args); ?>
<?php if (!empty($posts)): ?>
<ul class="className">
<?php foreach ($posts as $post):setup_postdata($post); ?>
<li><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
<?php wp_reset_postdata(); ?>
</ul>
<?php endif; ?>

カスタム投稿タイプが1種類の場合は[get_posts()]の関数の中にいきなり条件を指定していましたが、こちらでは[$args]という変数に配列で条件を指定してから[$posts]に入れています。

1種類のカスタム投稿タイプでも、複数種類のカスタム投稿タイプでも、組み合わせることで独自の新着記事一覧を表示させることができるようになると思います(^^)

ページの先頭へ戻る

参考サイト

今回の記事を作成するにあたり、こちらのページを参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

メールマガジンで最新情報をゲット!

当サイトの更新情報は、メールマガジンでもお知らせしております。
「思い出のカレンダー制作」に関する情報もあわせてどうぞ。

メールアドレスを入力してください

この記事の感想をお寄せください

[カスタム投稿タイプの新着一覧を表示する方法【WordPress】]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

関連記事一覧:カスタム投稿タイプの新着一覧を表示する方法【WordPress】

WordPressでホームページを制作していて、投稿やカスタム投稿タイプの記事に「前の記事へ・次の記事へ」のリンクを表示させたい場合があります。 それだけ …… 続きを読む

WordPressでホームページを制作するとき、「カスタム投稿タイプ」の仕組みを利用することがあります。 デフォルトの状態のWordPressにカスタム投 …… 続きを読む

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.