新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

妙高Web屋

お仕事のご依頼お見積りのご依頼

WordPress

ターム名の一覧を表示する方法(リンク有り無し両方)【WordPress】

2018.5.18 2019.1.15

ターム名の一覧を表示する方法(リンク有り無し両方)【WordPress】
WordPress 0 0

WordPressのカスタム投稿タイプで「ターム」というグループの考え方があります。

デフォルトの「投稿」で例えるならば「カテゴリの名称」に相当すると言えるでしょうか。

そのような性質から、「カテゴリ名一覧」と同様の形式で「ターム名一覧」を表示したい場合があります。

そこで今回は「カスタム投稿タイプのターム名一覧を表示する方法(リンク無し&リンク有り)」をテーマにお話ししたいと思います。

この記事の目次

【結論1】ターム一覧の表示方法(リンク無し)

まずは「アーカイブへのリンクが無い場合のターム名一覧」です。

下記のコードによって、スラッグが[custom-taxonomy]のカスタムタクソノミーで、タームのアーカイブへのリンクがない純粋なターム名だけの一覧を取得できます。

<?php
$terms = get_terms('custom-taxonomy');
foreach ($terms as $term) {echo esc_html($term->name);}
?>

ターム名の前後をHTMLのタグで囲む場合は、[esc_html($term->name)]の前後に、PHPの文字列の結合でしかるべきタグを挟んであげてください。

属する投稿数がゼロ件のタームも表示させる場合は[$terms]にセットする値として[get_terms(‘custom-taxonomy’,’hide_empty=0′)]を指定してみてください。

ページの先頭へ戻る

【結論2】ターム一覧の表示方法(リンク有り)

次は、「ターム名のアーカイブへのリンクが有る場合のターム名一覧」を表示する方法です。

<?php
$terms = get_terms('custom-taxonomy');
foreach ($terms as $term) {echo '<a href="'.get_term_link($term).'">'.$term->name.'</a>';}
?>

上記の【結論1】のコードで、ターム名の前後をaタグで挟んだものです。

タームのアーカイブへのリンクは関数[get_term_link()]で取得しています。

ページの先頭へ戻る

[概要]ターム名取得の処理について

上記のコードは、[get_terms(‘custom-taxonomy’)]で、該当のカスタムタクソノミーに関連するタームを取得して、変数[$terms]にセットしています。

その直後のforeachのループで、ターム名称を1個ずつ表示しています。

リンク有りの場合は、そのURLもです(^^)

ページの先頭へ戻る

こちらの記事に感想をお寄せください

こちらの記事をご覧いただき、感じたことなどありましたら下記のボタンを押していただき「感想投稿フォーム」よりお気軽にご感想をお寄せください。

この記事の感想を投稿する
0 0

企業のWeb担当者さん向け!メルマガ購読はこちら

妙高Web屋では、ホームページの管理・運営のお役立ち情報を当サイト内よりも早く、メールマガジンでご紹介しております。

次回配信予定のテーマは、こちらです!

「無料でお仕事を依頼する&お受けするときに気をつけたい事」

気になる方は、下記のボタンからメルマガ購読をお申し込みください。

メルマガをご購読いただいた方には、妙高Web屋作成の無料レポート「ホントは公表したくない!受注につなげるホームページ作りの話」をプレゼントいたします。

目的のページは見つかりましたか?

お探しのページが見当たらない場合は、キーワードを手がかりに、サイト内検索をご利用ください。

または、下記のボタンより「サイトマップ」のページにアクセスしていただき、お探しください。

目的のページは見つかりましたか?
Twitterでシェアする Twitterでシェアする Facebookでシェアする Facebookでシェアする Feedlyで購読する Feedlyで購読する お問い合わせお問い合わせ ページの先頭へページの先頭へ