新潟県妙高市|ホームページと広告の相談相手

MENU [+]閉じる [×]
黒姫童話館&童話の森ギャラリーに行ってきました( ^∀^)【長野県上水内郡信濃町】

先日、長野県の信濃町にある「黒姫童話館(くろひめどうわかん)」に行ってきました( ^∀^)

長野県と新潟県の境目あたりにあり、両県の子供達やそのご家族が訪れる場所の一つになっているようでした。

この記事の目次

黒姫童話館とは!?

黒姫童話館には、様々な童話や絵本が収蔵・展示されています。

世界各国の名作や人気作だけでなく、信州に伝わる昔話などもあるようでした。

また、時には子供たちを対象に、絵本の読み聞かせのイベントなども行われているようでした(^^)

自然と一体になった環境の黒姫童話館では、入口あたりにある売店で童話に関連したグッズなどお土産を購入したり、喫茶スペースではティータイムを楽しむこともできるようです。

中でも、「松谷みよ子」さんと「ミヒャエル・エンデ」さんという作家さんに関しては、ホームページでも触れられていました。

松谷みよ子さんという方は「龍の子太郎」などの作品で知られ、松谷さんに関連する資料なども展示されているようでした。

また、ドイツの児童文学作家ミヒャエル・エンデさんに関しては、「はてしない物語」などの作品があり、ミヒャエル・エンデさんに関する資料が展示されているのは日本で黒姫童話館だけなのだといいます。

黒姫童話館&童話の森ギャラリーについては、ホームページでも説明されています。

黒姫童話館&童話の森ギャラリー

ページの先頭へ戻る

黒姫童話館に行ってきた時の様子

私が行ってきた時の様子です。

館内や室内は撮影禁止の場所が多くあります。

気になる場合は実際に行かれてみることをお勧めします(^^)b

さて、黒姫童話館の外観ですが、どことなくヨーロッパのお城のような雰囲気を感じます。

外観:黒姫童話館

中に入ると、入館証をいただきました。

これをつけると、黒姫童話館&童話の森ギャラリー共通で入場できるようです。

黒姫童話館&童話の森ギャラリー共通入館証

童話館の中に入ってみると、日本内外の童話がたくさん!!

中でも私は、中川ひろたかさん著・酒井絹恵さん挿絵による「べんとうべんたろう」という絵本が気になりました。

言葉の響きと、絵本の表紙を見る限り、あの有名な音楽家ベートーベンをイメージしたキャラクターなのでしょうか(^^)??

ストーリー内でも、エリーゼという王女様のためにだとか、効果音的に「だだだだーん!!」と鳴るくだりがあるとか、ちょこちょことベートーベンっぽさを感じました( ^∀^)

また、黒姫童話館&童話の森ギャラリーの外の風景もホントに綺麗でした。

晴れている日はまた別の見え方がしたり、季節によっては花も咲いたりしているようですね(⌒▽⌒)

こちらは黒姫童話館のあたりの風景です。

風景:黒姫童話館あたり

そしてこちらが、童話の森ギャラリーの入り口あたりから撮影した風景。

風景:童話の森ギャラリー

ずーっと奥に見えるのは、妙高高原の杉野沢あたりでしょうかね。

こういった環境でのんびりと時間を過ごすのも楽しそうです( ^∀^)

ページの先頭へ戻る

アクセス:黒姫童話館&童話の森ギャラリー

黒姫童話館&童話の森ギャラリーの地図はこちらです。

また、「黒姫童話館&童話の森ギャラリー」そして「童話の森スノーウェーブ(黒姫高原クロスカントリースキーコース)」は、Facebookページも運営されているようですので、そちらも合わせてご紹介します。

[Facebookページ]
黒姫童話館&童話の森ギャラリー

[Facebookページ]
童話の森スノーウェーブ(黒姫高原クロスカントリースキーコース)

ページの先頭へ戻る

メールマガジンで最新情報をゲット!

当サイトの更新情報は、メールマガジンでもお知らせしております。
「思い出のカレンダー制作」に関する情報もあわせてどうぞ。

メールアドレスを入力してください

この記事の感想をお寄せください

[黒姫童話館&童話の森ギャラリーに行ってきました( ^∀^)【長野県上水内郡信濃町】]の感想を、下記のリンク先の「感想投稿フォーム」よりお気軽にお寄せください。
メールアドレスは不要です。

感想投稿フォームへ

関連記事一覧:黒姫童話館&童話の森ギャラリーに行ってきました( ^∀^)【長野県上水内郡信濃町】

Copyright (C) 妙高Web屋 All Rights Reserved.